音楽レビュー Aya

Strange Flower (2004)


殿堂入り作品

SadeのバックバンドSweetbackでフィーチャーされていたボーカリストAya。因みに日本人の名前のようだが、日本人ではない。フルネームはLysa Aya Trenierという。レーベルは良質なディープ/ミニマルハウスの音を届けるNaked Musicで、Blue Sixにもボーカリストとして複数のアルバムでフィーチャーされている。(注:本作はハウスではない)

都会的でスムーズな音だが、計算されたボーカルのオーバーダブなど、作りは緻密。浮遊間のある心地よさと不思議な高揚感が同居している。Amel Larrieuxと対照して聴くと面白い。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!