音楽レビュー Blue Six

音楽レビュー Blue Six "Signs & Wonders"

Signs & Wonders (2014) (★★★★★ 星5つ) しばらく新譜を聴いていないなと思っていたら、去年出ていた。音は相変わらずのミニマルでディープな世界だが、その中でもどこかrawでエモーショナル…

音楽レビュー Aya

Strange Flower (2004) (殿堂入り作品) SadeのバックバンドSweetbackでフィーチャーされていたボーカリストAya。因みに日本人の名前のようだが、日本人ではない。フルネームはLysa Aya…

音楽レビュー Sweetback

Stage [2 ] (2004) (殿堂入り作品) 「本業」Sadeの作品リリースのペースが非常にゆっくりであるように、Sweetbackの2枚目も前作から8年を要している。 ファーストアルバムにして既に完成された世界…

音楽レビュー Amel Larrieux

Morning (2006) (★★★★★ 星5つ) Blue Sixレーベルでのディープハウスにボーカリストとしてフィーチャーされていた作品では、Amel Larrieuxのボーカルは、音楽を邪魔しないひたすら軽いボー…