飲食店レビュー Dominique Bouchet Tokyo(フランス料理 中央区銀座5丁目)

(★★★★★ 星5つ)
※来訪時は中央区銀座5丁目にあった。現在は銀座1丁目に移転。

Dominique Bouchet Tokyo(ドミニク・ブシェ・トーキョー)はフレンチレストラン。名レストランの総料理長を務めたドミニク・ブシェが東京にレストランを構えて早々にミシュラン2つ星を獲得した店。銀座4丁目交差点のすぐそばといういいロケーションに、しかしひっそりと抑制的なデザインの入口が地下に向かってある。

地下1階はウェイティングバー兼シャンパンバー。DB自らの名前を冠したハウスシャンパンのナビュコドノゾールの瓶がどんとしつらえられた一枚板のカウンターが印象的。レストランはそこから更に地下に下がったフロアーにある。シンプルなデザインながらどこか温かみと落ち着きを感じさせる空間。

テーブルとテーブルの感覚はやや近接気味。他に会話が聞こえると困るような人は、丸いパーティースペースのようなラウンドテーブルでカーテンで区切られる席を予約するのがいいだろう。パートナーの誕生日を祝うために訪れたが、我々は至って普通のカップルなので、普通の席で充分。

サービスは温かく、心がこもっていて親切。ギャルソンやソムリエとの会話も楽しいし、適度な距離感と絶妙のタイミングでのサーブは、新しい店なのにこなれている。店の好みやソムリエのプライドを押しつけるよりも、まず客に寛いで料理を楽しんでもらおうという姿勢が感じられる。

夜のメニューは3種類。料理を選ぶコースが2つと、おまかせコース。我々はおまかせコースにしたが、その時に入った素材のサジェスチョンがあって、メインコースを差し替えてもらい、さらにデザートもパートナーの分のみ差し替えてもらった。そうした相談に対する臨機応変ぶりも素晴らしい。各料理の詳細は下の写真にて。総じて言うと、造形も素晴らしいが奇をてらった感じではなく、基本のソースがしっかり伝統を踏まえながらもどこか新しい風を感じる構成で、バランスが良かった。

レストランに入った時に、バーにちょうどシェフご本人がいらっしゃって挨拶し、更に帰りには奥様(日本人の美しい方だった)もいらっしゃって、呼んでもらったタクシーを待つ間、しばし歓談した。お二人とも感じのいい方。そしてシャンパンが大好きというのもいい。ここは味や趣向に通じている人で、シャンパン好き、かつリラックスした新しい高級感を感じたい人にお勧めの店。(2014/6/3 記)