音楽レビュー Ne-Yo

(★★★★☆ 星4つ)
(★★★★☆ 星4つ)

Non-Fiction


(★★★★☆ 星4つ)

シングルカットされる曲から言うとNe-Yoはポップで、ちょっとお馬鹿で、少しダサ目というイメージだったのだが、アルバムは落ち着いている。お約束盛り上げ隊長Pitbullをフィーチャーした曲でさえ、適度に音が抜いてあって、EDMっぽい音使いもしておらず、ボーカルもどちらかというとしっとり目。他の曲も肩の力が抜けているというか、緩めの空気感が続く。

Ne-Yoのどこが魅力なんだろうかと思うに、それはその声が第一なのだろう。すこしメロウな気分にさせる声は、こうしたケレン味のない音使いのアルバムでは魅力がしっかり活きる。若いのだからもう少し突っ走った感があってもいいのかなと思うのだが、これはこれで大あり。トレンドに踊らされて何が何だか分からないうちに終わってしまうアルバムよりもよっぽどいい。(2015年2月16日 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!