音楽レビュー Demetria McKinney

Officially Yours (2018)


(★★★★☆ 星4つ)




女優としてのキャリアのあるDemetria McKinneyがシンガーとしてリリースしたこのアルバム”Officially Yours”。ざっと一通り聴いてみて、耳を奪ったのはWhitney Houstonのレビューアルバムに入っていた”You Give Good Love”のカバー。これには背景があって、Demetria McKinneyはTV Oneで2017年10月に放映された伝記ドラマ”Bobbi Kristina”でWhitney Houstonの役を演じたんだとか。みずみずしく伸びやかな声で似つかわしい。そしてDemetria McKinneyの歌い方には少なからずWhitney Houstonの影響があるのが感じられる。

カバー曲といえば、アルバムのラストにはStephanie Millsの名曲”Home”が入っている。これも良い出来で、メロディックで1フレーズ1フレーズの長いこの曲の良さを引き出している。

そうして2曲を聴くと、クラシックで正統派の歌がフィットする感じで、妙に今風を狙った曲では彼女の良さが活きていない感じだが(”No, No, No”などは完全に捨て曲)、スローな曲ではまた良さが出てくる。Whiteney役を射止めていて、女優としてのキャリアは2004年からあるので、幸運は充分に掴んでいるから、シンガーとしても存在感を放つには、曲に恵まれるかどうかなのかもしれない。聴いて損のないアルバムではある。(2018/5/23 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!