音楽レビュー Candice Glover

Music Speaks (2014)


(★★★★☆ 星4つ)

アメリカンアイドルから出た人だとか。勝ち抜きオーディション番組自体は食傷気味ではあるが、それでもさすがに歌がきちんとしているというのはどこかの国の「アイドル」とは決定的に違うところだ。Candice Gloverは強い喉で粘っこい歌い方が特徴。フェイクの節回しの音程感が抜群で、伝統的なR&B好きが聴いても満足行くだろう。

アルバムも妙に流行りのEDMに頼ったりセず、安定の音作りなのが好感。しかし懐古趣味ではなく、適度に今の音。頼ったりしないといえば、よくありがちなフィーチャーリングアーティストのお助けソングもなく、独力でやっているのもよい。今後成長していって色んな曲を聴かせて欲しいものだ。(2014/7/5 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!