音楽レビュー Green Velvet

Unshakable (2013)


(★★★★★ 星5つ)

BPMの早くないハードハウスで、個人的に好みの音作り。NYハードハウスのような派手派手しさはなく、少し懐かし目のエレクトロSEが入っていて、90年代初頭のA Guy Called Geraldあたりを思わせるが、現代の音。SEによるオカズは過剰でなく、アゲすぎない。かといって一部のディープハウスのような禁欲的すぎる感じもせず、バランスのよい音。メロディーがないのにストーリー性を感じさせる構成もまたよい。
要するに、高度なバランス感覚によって仕上げられたハウスで、クラブミュージックの本質がここにある。天井の高いクラブでこの音にズブズブになって踊りたくなる。(2013/12/19 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!