映画レビュー The World of Golden Eggs “Season 2”


(★★★★★ 星5つ)

シュールで、「分かる人だけ分かればいい」的突き放した感じの笑いがいい。
ローズ&マリー兄弟、GUSHIケンバンド、ボディビル部等々、一歩間違えるとうるさい人達からは「差別だ!」と声が上がりかねないきわどさを、何故この作品たちが切り抜けられているかというと、それは対象に愛がこめられているからなのではないか。キャラクターの基礎事情に対してaffirmativeな姿勢があるからこそ、それを土台にした笑いが成り立つ。必要だけれども間違いがちで困難な作業をちゃんとやれているのが、人気を確たるものにしているのだ。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!