飲食店レビュー La Table de Joel Robuchon(フランス料理 目黒区 恵比寿ガーデンプレイス)

(★★★★★ 星5つ)

La Table de Joel Robuchonは、恵比寿ガーデンプレイスにあるフランス料理の店。Joel Robuchonの名を冠し、恵比寿ガーデンプレイスの中央奥に建つシャトーの中にある店だが、メインダイニングよりは若干カジュアルな店。フランス料理とはいっても、どっしり・こってりした感じではなく、ヌーベルキュイジーヌといっていいだろう。

この店が「カジュアル」とはいっても、あくまでそれはシャトーの2階にある「ガストロノミー・ジョエル・ロブション」に比してであり、”La Table de Joel Robuchon”でもジャケット着用は必須。つまり、こちらは、格式が求められる「ガストロノミー~」とは別のスタイルで、ロブションのよりアバンギャルドな料理を楽しむ店という解釈。「ガストロノミー~」は押しも押されぬ王道かつ先端のフランス料理で、ミシュラン3つ星のレストラン。

予約はもちろん必須。予約時には客の好み・苦手などを聞いておいてくれる。行く前日には確認の電話がくるが、感心したのは、予約時に伝えた要件はもちろん、好みのニュアンスをきちんと覚えていること。そのあたりは、さすがに一流店。入り口は建物の正面を右に回ったところにあるが、地下からも専用のエレベーターで行ける。レセプションは機敏でスマート。

今回はパートナーじょにおの誕生日で食事に行ったのだが、祝いの食事ということを伝えてあったためか、スターティングの飲み物はグラスシャンパンを提案される。そしてもちろんワインリストを見ることになるのだが、ワインは2階のガストロノミー・ジョエル・ロブションと共通なので、リストも膨大。望むなら、天井知らずの値段のワインを頼むこともできる。ワインリストを見るだけでも大変なのだが、さっと見られるコンパクトな(といっても普通の店のフルリストくらいの)ワインリストもある。あまりお酒が飲めない向きには、グラスでオーダーできるワインも豊富にあるので、ソムリエに相談するのがよい。

さて、料理はフランス料理のスタイル・想像される食材にとらわれず、世界のあちこちを旅しているような雰囲気。そして、意外な取り合わせを楽しませてくれる。詳しくは、下の写真をクリックして現れるキャプションを参照。食器も軽妙なデザインのものが多い。カトラリー然り。
しかし、サービスはテーブルに比して比較的多い人数が配されていて、適切なタイミングでストレスをまったく感じない高級店らしいサービスを得られるので、軽すぎるということはない。給仕も過不足のない会話をしてくれて、人間味も感じられる。ただ1点、聞き取れるほどではないのだが、部屋の隅でフロアスタッフ同士が打ち合わせの話をしている光景が、少し気になった。テーブルに目を配っておく必要性があるのでそこを退くわけにはいかないのだろうが、二言三言以上の会話は奥でやるべきではと感じた。

全般では非常に優秀な店。店の見送りも、ドアまでではなく、我々の姿が見えなくなるまで見送ってくれる。紳士度・淑女度を磨きたい、あるいは磨かれた紳士淑女が楽しみに行くのに適している。そして、年齢が行ったら「ガストロノミー~」へ行くのもいいだろう。当然ながら全席禁煙。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!