飲食店レビュー Amour(フランス料理 港区西麻布)

(★★★★★ 星5つ)

Amourは西麻布の少し奥まった場所にあるフレンチレストラン。若いが名店で修行を積んだシェフ後藤祐輔氏が日本らしさを大事にしつつも本格的なフランス料理を創る。

Amourは2014年のミシュラン1つ星とか。これまたミシュラン1つ星の「ひらまつ」から通りを一本入った所にある。住所的には西麻布だが、最寄り駅は広尾なので広尾と言った方がいいかもしれない。地価の高い場所で1棟建ての優雅な建物は、元はオフィスだったのだとか。前庭を擁し、ウェイティングラウンジは半地下の1階、メインダイニングは階段を上がって2階。今回は俺の誕生日でパートナーと訪れた。6時開店で6時に予約を入れたので、我々が一番乗り。ウェイティングラウンジに案内されてから2階へ上がった。

少し緊張気味の女性レセプショニストは一生懸命勉強中なのだろう。1979年生まれの若いシェフが率いる店で、スタッフも若い。ミシュラン1つ星の店としては失敗も許されず、また料理にうるさい客も多く訪れるので大変なのだろう。温かみのあるおもてなしというよりは、出すぎず礼儀正しい感じの接客。
コースを通じてシャンパンにしたので、アペリティフを省いていきなりボトルで注文したのだが、ワインリストを選ぶ中メニューと合わせて選んだ方がよかろうとメニューを同時に持ってきてくれたり、コース途中でシャンパンの温度を上げたいのでクーラーから出すように依頼すると、同時に膨らみを大事にするためにグラスも違うものに取り替えてくれるなどの気遣いはそつがない。

それぞれの料理は下記写真のキャプション参照。今回コースは秋のメニューとジビエを堪能する『ジビエとオマールのコース』があって、我々は後者にした。メインのジビエは単品の青首鴨を選択。とてもフランス料理らしいフランス料理なのだが、添えられた野菜のあしらいや、金箔を散らしたコンソメのしつらえなど、そこここに日本を感じて、そのバランスが面白い。そして素材の取り合わせや分量にも細かい配慮が見え、料理に真面目に取り組んでいるところがとても好感が持てる。

スタッフが緊張気味だったのがもっとリラックスしてくれると、より洗練味が増すのではと思われるところもなくはなかったが、生真面目なのもまた日本らしい良さ。実力がありつつこれからのポテンシャルも感じるいい店だった。(2014/11/10 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!