飲食店レビュー Albergo Bamboo(イタリア料理 箱根町仙石原)

(★★★★☆ 星4つ)

Albergo Bamboo(アルベルゴバンブー)は箱根の仙石原にあるイタリアンレストラン。新宿区河田町にある小笠原伯爵邸はここの系列だ。

広い敷地に庭を擁し、輸入材をふんだんに使用したイタリアの邸宅風な建物が贅沢。瓦から敷石までオーナーがイタリアまで足を運んで選んだのだとか。その効あって、よくある即席のイミテーションテーマパーク的造りとは一線を画す本物の雰囲気がある。

ネット経由でランチコースを予約してパートナーと赴いた。ランチは11時半からで、我々が一番乗り。都内では難しいスケール感の吹き抜けのダイニングはクラシックでシックだが、明るい雰囲気で居心地がいい。

ランチコースでごく軽い食事だったが、地の利を活かした野菜や魚は新鮮でしっかりした味。調理は奇をてらった感じはないが、退屈すぎることはなく、安定していて、これならディナーでも訪れたいなと思わせた。写真のほかにはパン、グラススプマンテまたはノンアルコールの”シャンパン”(と称していたがノンアルコールだし当然スパークリング)がついていた。

こうした贅沢な造りのレストランやオーベルジュは、年月を超えて生き残っていくのがとても大変だと思うが、是非その良さを引き継いでいってほしいものだ。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!