音楽レビュー Denise Pearson

Imprint (2015)


(★★★★☆ 星4つ)




元ポップグループFive Starのメンバーであり、Brit Award受賞者にしてグラミーノミネート者でもある…というのだが、このアルバムを聴くまでは恥ずかしながら存在を知らなかった。1968年生まれというと年齢的にはベテランに入るのだろうか。しかしディスコグラフィーを見ると、活躍し始めたのは2012年頃かららしい。

そんな余談はさておき、アルバムだが、ポップ出身がいい具合に影響している素直な音と曲で聴きよい。分類的にはR&Bとしたが、ポップアーティストのポップアルバムと解するべきか。

その名も”Twisted Electric”という曲以外はほとんどエレクトリックな音を使わないのが、ちょっとババ臭いし野暮ったい感じもする(失礼)。が、声はみずみずしいし、Steve Winwoodの”Higher Love”のカバーなどはいい味を出している。

少し地味目で、もう少し押し出しが必要な気がするが、そこがUKアーティストの奥ゆかしさだろうか。40代後半にして近年意欲的に活躍しているアーティストとしては、心情的に応援したい。(2015/10/19 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!