音楽レビュー David Lynch

Good Day Today (2010)


(★★★☆☆ 星3つ)

David Lynchが音楽をやると聴いて、少なからず興味を持った。シュールな展開で名高い映画のイメージがあるので、Grace Jonesのようなアバンギャルドで攻撃的な音楽を想像して聴いてみたら、割と聴きやすくてスムーズなので、驚いたというか若干拍子抜け。

David Lynch名義ではあるが、どこまでDavid Lynchの手によるものなのか不明だなと思って調べてみたら、タイトル曲のボーカルはDavid Lynch自身によるという。尤も、エレクトロハウスやトランスによくあるように、ボコーダー処理されているので、ほとんど誰の声でもよかったのではないかと思えるようなものではあるが。
そしてリミックスはリミキサーの手でいかようにもなるもので、正直、David Lynchが音楽をやるという意義がよく分からなかった。多分「やりたかったからやっただけ」ということなのだろうが。多分熱狂的なファンのコレクターズアイテムにはなるのだろう。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!