音楽レビュー Chopstick & Johnjon

Twelve (2014)


(★★★★☆ 星4つ)

Chi-Thien NguyenとJohn Muderから成るデュオユニットChopstick & Johnjon。Chi-Thien Nguyenは東洋系なのだが、ベトナムオリジンだろうか? にしてもグループ名が安直な気がするが、それはさておき、ディープハウスの男性ユニットにしては珍しくオリジナルでボーカルを入れている(どちらがボーカルなのかは不明)。

音はやはりシリアスなマイナーキーで展開されている。だが、どこかに無彩色ではない、何かの色を感じる。派手ではないがどこか耳を留めさせるものがある。それはエスニシティーではなく、2人の相乗効果からくるものだろうと思われる。無国籍で、どこの音ともとれないような感じだが、それが自由を与えているのだろう。才覚を活かして数々リミックスワークもこなしているようだ。(2014/4/13 記)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!