映画レビュー フリーダ (Frida)

(★★★★★ 星5つ)
(★★★★★ 星5つ)


(★★★★★ 星5つ)

まず、映画としての出来が非常に良い。フリーダの情熱的で肉感のあるシュールな絵画と、実写とをなじませる画面エフェクトは、ともすると陳腐になりがちだが、この映画ではそれが見事に映画自体の芸術性をアップすることに貢献している。

そして、サルマ・ハエック演じるフリーダも、映画の独自性とフリーダのバイオグラフィーの再現性との高い融合点を見出していて見事。まさに劇的な運命を生き抜いたフリーダを知るには恰好の作品である。フリーダの人生や作品同様、意志と情熱の果実といった趣。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!