飲食店レビュー Virbius(フランス料理 東京都三鷹市)

オーストラリア産子羊のグリル。2ピース一塊で、シルキーな肉を厚みを活かして味わえる。

(★★★★☆ 星4つ)

Virbius(ウィルビウス)は手頃な値段でフレンチが食べられる店。前身は赤坂にあったビストロなんだとか。

2017年末に行こうと思って電話したら予約がいっぱいだったので、年明けに予約した。全18席と小ぢんまりした店で、前身がビストロで、この店も妙にかしこまったところはないが、フルテーブルクロス。マダムがフロアーを仕切り、シェフとは息が合った模様。ここに来ようと思ったのは、きちんと心のこもったサービスが期待できるとの、友人の勧め。その通りで、全体を通じて大変気持ちよくひと時を過ごせた。

食事も満足。この値段で安すぎはしないかと思えるほどの料理と量、そして味。適度に和を感じさせる素材を使いながら、正統派のフレンチの流儀をしっかり反映した料理を、比較的気軽に味わえるのは、郊外にある店ならではのメリット。味はとても安定を感じさせる。

ワインリストも面白い。我々(俺とパートナー)は、フレンチを食べに行くと大抵シャンパーニュをボトルでオーダーして、それでコースを通すのだが、ここは、種類は少なくとも料理に合う吟味されたボトルセレクションだった。

店内は、客の目からはちょっと隠しておいてほしいなと思う箱や、やや統一の取れない置物などもあったりしたのはご愛嬌だが、落ち着かないほどではない。行ってみる価値のある店。再訪したい。(2018/1/9 記)

2 人の人がこの記事を気に入っています