飲食店レビュー ヴェトナム・アリス新宿店(ベトナム料理 新宿ルミネ1)

前菜。籠に入って出てくる。蒸し春巻きはプニプニとした食感で面白い。中央の蟹の爪の周りにひき肉を巻いて揚げたものは、おいしいのだが、ひき肉の味が強いので、どうせなら別々に食べたかった。(笑)
前菜。籠に入って出てくる。蒸し春巻きはプニプニとした食感で面白い。中央の蟹の爪の周りにひき肉を巻いて揚げたものは、おいしいのだが、ひき肉の味が強いので、どうせなら別々に食べたかった。(笑)

(★★★★☆ 星4つ)

ヴェトナム・アリスは、その名のとおりベトナム料理の店。元はクイーン・アリスの石鍋 裕プロデュースにより銀座でスタートし、現在は(これを記しているのは2011年)独立しているのだとか。
訪れたのは平日、昼時のピークを少しすぎた時。駅ビルであるルミネ1内には他にもレストランがあるが、ベトナム料理といえば、健康的でやさしい味のイメージで、そんな気分だったのでここを選んだ。やはりそういうイメージで選ばれる結果なのか、大半の客は女性同士、そして何組かの男女カップル。ランチメニューのプリフィックスコースを頼んだ。

全般にそつがない感じ。オードブル(?)はいろいろな取り合わせで楽しめるし、麺もちゃんとベトナム味。コーヒーもベトナムコーヒーの入れ物で出てくる。デザートは別料金だが、前に少しブームになりかけて第2のナタデココになりそこなった(笑)バジルシードの食感が懐かしかった。

ベトナム料理の店は、このレビューに書いている以外にも何店舗か訪れたことがあるが、味も雰囲気もここは都会的な感じ。土着な感じはその分薄れるが、エスニック料理のレストランは未だ分煙がちゃんとしていない店が多いなか、全席禁煙なのでいい。サービスも丁寧、料理の出てくるスピードも適切。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!