シャンパーニュレビュー Philipponnat Clos des Goisses Brut “L.V.” 2000

シャンパーニュレビュー Philipponnat Clos des Goisses Brut “L.V.” 2000
シャンパーニュレビュー Philipponnat Clos des Goisses Brut “L.V.” 2000

過日、俺の誕生日で開けた1本。

Philipponnat Clos des Goisses Brut "L.V."(Long Vieillissement) 2000
Philipponnat Clos des Goisses Brut “L.V.”(Long Vieillissement) 2000

Philipponnat Clos des Goisses Brut “L.V.”(Long Vieillissement) 2000(フィリポナ クロ・デ・ゴワセ ブリュットLV ロング・ヴィエイユスマン 2000)は、フィリポナのトップキュヴェ クロ・デ・ゴワセを、澱と共に長期熟成したもの。クロ(clos 単一畑)を名乗れるシャンパーニュのキュヴェは極少数で、フィリポナのクロ・デ・ゴワセはそれだけでも希少。それを長期熟成したものが、このLong Vieillissementバージョン。公式サイトには載っていない。

ボトル裏面には近年のシャンパーニュによく見られるデゴルジュマン(澱抜き)の年月とドサージュ(澱抜き後のリキュールによる補糖)が記されている。このボトルのデゴルジュマンは2015年5月。2000年秋の収穫仕込みからデゴルジュマンまで、実に15年半を経ていることになる。通常、クロ・デ・ゴワセは10年熟成。
ドサージュは4.5g/Lと、少ない。セパージュ(使用されるぶどう品種の割合)はデータがないが、クロ・デ・ゴワセは例年ピノ・ノワールが3分の2、シャルドネが3分の1で、それにならうものだろう。

開栓してグラスに注ぐと、16年を経た液体はディープゴールドの輝き。

熟成を経た濃い黄金色。
熟成を経た濃い黄金色。

香りは奥ゆかしい。フルーツコンフィ、蜂蜜、ヘーゼルナッツなど。液体の色の濃さとは裏腹に、必要以上のコクは感じさせない。全てが完璧に丸められていて、きめ細かい液体は舌に何の名残も残さず消えてゆく。が、余韻は長い。泡はきめ細かく、長年経っているにもかかわらずいつまでも立ち続ける。

きめ細かな泡。
きめ細かな泡。

プレステージ/トップキュヴェのシャンパーニュというと、まず思い浮かべるのは華々しい感じだが、クロ・デ・ゴワセL.V.のこうした慎み深いといってもいい奥深さは、人によっては「決して安くはない物がこれ?」と思うかもしれない。万人には理解されないだろうが、磨き込まれた球体のようなこのあり方は、一般に思われているシャンパーニュのイメージとは別の、トップでしか実現し得ない一つの究極。人の手と時間とが費やされた結果が、こうした趣味の良い物に結実していると、実に嬉しい。こういうのは通にこそ飲んで楽しんで欲しい。

ミュズレはClos des Goisses専用。
ミュズレはClos des Goisses専用。
3 人の人がこの記事を気に入っています