音楽レビュー Sweetbox

Diamond Veil (2011)


(★★★☆☆ 星3つ)

何となく時々意識に入ってきつつも長年聴いていなかったSweetbox。久しぶりに聴いてみた。心地良い音楽を作っているように聴こえる。声質もポップだし、コード運びも恣意的なところがないし、音数も多からず少なからず。

しかしそれらがすべて、綿密にマーケティングされたうえでプロデュースされた音楽=つまり没個性に聴こえて、面白くない。すべての曲が同じ曲に聴こえて、「この曲のタイトルなんだっけな?」と、それぞれの曲に注目させる「何か」が足りない。そこそこ誠実には作られていると思うのだが……。嫌われない音楽は、積極的に好かれもしない。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!