映画レビュー 今宵、フィッツジェラルド劇場で (A Prairie Home Companion)


(★★☆☆☆ 星2つ)

アルトマン監督の遺作ということで評を高くする向きもあるかもしれないが、まとまりや展開はいまひとつ。クリエイターというのは、これが最期の作だろうが何だろうが、作品自体で見られてしまうのが厳しいな、と自分で思いながらも星2つ。

悪くはないが、情緒的に流されすぎていて、湿っぽいセンチメンタリズムの帳尻会わせを劇場の解体でつけている感じ。結局の所の無常観を説くつもり なら、この長さは要らない。象徴的に現れる白いトレンチコートの女の意味もモチーフとしていまひとつ。ミスティックにするつもりなのか、現実を知らしめるつもりなのか、どっちつかずで、作中浮いていたのが気になるままだった。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!