映画レビュー めがね


(★★★★★ 星5つ)

のほほんとユーモラスで平和で、何も起こらないんだろうなあという期待(?)そのままに、何も起こらずにエンディングを迎える。それは、荻上直子監督の前作『かもめ食堂』と同じで、観る人はそれを期待しているのだから、それでいいのだ。もたいまさこと小林聡美とくれば、こうでなくてはならない。ただ、小林聡美は、珍しく頑ななキャラクターで出てきて、そこが新しいといえば新しい。

映画は非現実的・非日常的な設定なのだが、とても人間的で、見ていてほっとする。ドラマティックなものやスペクタクルなものはどうしてもチープになりがちな日本映画にあっては、こういう、淡いものはひとつの日本映画の生き残る道でさえあるような気がする。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!