飲食店レビュー Talk Back Galopin(フランス料理 武蔵野市吉祥寺)

(★★★★☆ 星4つ)

Talk Back Galopin(トーク バック ガロパン)は、フレンチビストロ。吉祥寺では老舗の店で、ふらりと立ち寄って本格的なフレンチが食べられる店。

半地下になっていて、階段を降りると店の入口。店内はいかにも昔からやっている店、といった趣き。ライトコートになっているスペースで食事を摂りたかったが、そこは喫煙席なので、禁煙になっている店内へ。

ワインリストはまずまずリーズナブルで、ビストロ然としている。今回、全員車を運転するので、ガス入りミネラルウォーターを注文。フレンチだが、置いてあるミネラルウォーターは何故かサン・ペレグリーノ。好みなので問題はない。そしてメニューにもパスタがある。カジュアルな店だが、ミネラルウォーターは、テーブルにボトルがどんと置かれるのではなく、ボトルクーラーに挿されて冷えた状態のものをきちんとサーブしてくれる。

適当にアラカルトで頼み、一部のメニューはシェアする。さざえとエスカルゴのブルゴーニュ風は美味。調理してあるソースと、さざえの殻に入って出てくるソースが作り分けられていて、芸が細かい。サラダもパスタも満足の量が出てくる。からすみの入ったパスタは、もうちょっとからすみが気前よくてもよかったか。(笑)メインディッシュは老舗の味わいらしく、かっちりとしたフレンチ仕立てで、これはイタリアンなのかなんなのかと、パスタを食べ終えて混乱してきた頭をしっかりフランスへと連れ戻してくれる。デザートもきちんとした味。ビストロとはいえ、好き勝手に頼むとレストランのコース料理と変わらない値段にはなるが、街をうろうろしていて、「あ、フレンチが食べたい」と思って入れる気安さこそが、この店の真髄だろう。愛すべき店。

今回は友人といっておしゃべりに夢中で写真を撮らなかった。(笑)

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!