「ヒラメのロティ アーティチョークと紫ジャガイモのチップス ウイキョウのエミュルション」。これもどこか素朴さを感じるのは、ヒラメやアーティチョークが親しみやすい食材だからか。ここにもウイキョウが入っているが、忍ばせ方が違う。一皿食べて「あの食材は別のやり方だとどうなるんだろうな?」と浮かぶ疑問を次に引き継いで新しく見せてくれるのが、一つのやり方なのかもしれない。

「ヒラメのロティ アーティチョークと紫ジャガイモのチップス ウイキョウのエミュルション」。これもどこか素朴さを感じるのは、ヒラメやアーティチョークが親しみやすい食材だからか。ここにもウイキョウが入っているが、忍ばせ方が違う。一皿食べて「あの食材は別のやり方だとどうなるんだろうな?」と浮かぶ疑問を次に引き継いで新しく見せてくれるのが、一つのやり方なのかもしれない。

「ヒラメのロティ アーティチョークと紫ジャガイモのチップス ウイキョウのエミュルション」。これもどこか素朴さを感じるのは、ヒラメやアーティチョークが親しみやすい食材だからか。ここにもウイキョウが入っているが、忍ばせ方が違う。一皿食べて「あの食材は別のやり方だとどうなるんだろうな?」と浮かぶ疑問を次に引き継いで新しく見せてくれるのが、一つのやり方なのかもしれない。

「ヒラメのロティ アーティチョークと紫ジャガイモのチップス ウイキョウのエミュルション」。これもどこか素朴さを感じるのは、ヒラメやアーティチョークが親しみやすい食材だからか。ここにもウイキョウが入っているが、忍ばせ方が違う。一皿食べて「あの食材は別のやり方だとどうなるんだろうな?」と浮かぶ疑問を次に引き継いで新しく見せてくれるのが、一つのやり方なのかもしれない。