シャンパーニュレビュー Philippe Gonet Signature Blanc de Blancs Brut

ブラン・ド・ブランというとシャルドネのイメージからか、華やかで繊細、フレッシュというイメージが先立つ。ダイナミックで奥深いブラン・ド・ブランもあって、そちらもそんなイメージそのままに華麗に仕立てられたシャンパーニュがPhilippe Gonet Signature Blanc de Blancs Brut。

Philippe Gonet Signature Blanc de Blancs Brut
Philippe Gonet Signature Blanc de Blancs Brut

Philippe Gonet Signature Blanc de Blancs Brut(フィリップ・ゴネ シニャチュール・ブラン・ド・ブラン ブリュット)は、Signatureの名を冠しているとおり、Philippe Gonetの代表的なキュヴェ。Philippe Gonetが本拠を置くル・メニル・シュール・オジェ村といえば、シャルドネの名産地。ブラン・ド・ブランが看板になるのは当然のこと。

しかしながら、このブラン・ド・ブランにはメニル・シュール・オジェのシャルドネの他、オジェとモンタギュー産も使われる。現行品はリザーブドワインが3割と、2012年産のワイン7割で、2013年に瓶内熟成開始。ドサージュは7g/l。ミネラルにフォーカスして造られたという。

エチケットはシンプルながらクラシックなデザイン。
エチケットはシンプルながらクラシックなデザイン。

色は淡め。わずかに黄緑がかったニュアンスがあって、ブラン・ド・ブランらしい色。香りと味わいともにシトラス系で、確かにミネラル感があってフレッシュ。しかし、軽さとフレッシュさだけが売りではなく、味わいが底から支えられている感じがあるので、飲み飽きない。丁寧な造られ方をしているように感じる。

ペールイエローの色合い。
ペールイエローの色合い。

ブラン・ド・ブランとは何ぞや、という人に知ってもらうのに良い1本。最初に上質な物を飲むと、その後もそれが好きになるので、こういうのを飲んでみてほしい。もちろん、各種飲み慣れていている人にも勧められる。

1 人の人がこの記事を気に入っています