シャンパーニュレビュー Duval-Leroy Millésime Prestige Blanc de Blancs Grand Cru Brut 2006

ネオビストロでの食事会で飲んだ1本。

Duval-Leroy Millésime Prestige Blanc de Blancs Grand Cru Brut 2006
Duval-Leroy Millésime Prestige Blanc de Blancs Grand Cru Brut 2006

Duval-Leroy Brut Blanc de Blancs Millésime 2006 Grand Cru(デュヴァル・ルロワ ブリュット ブラン・ド・ブラン ミレジメ2006 グラン・クリュ)は、名前のとおりブラン・ド・ブランで、コート・デ・ブランにあるグラン・クリュの畑のシャルドネを用いて作られるヴィンテージ。

ラベル。
ラベル。

色は淡めで、いかにもブラン・ド・ブランらしいが、シャルドネの緑のニュアンスは弱い。香りはマール様の深い香りがある。Duval-Leroyは当主が女性であるせいか、とかくエレガントで繊細で女性らしい、と評されるが、それは女性の固定的なイメージに引きずられすぎだ。ボディがあり、マール様のブランデー香のヒントにドライフルーツやパンデピスの香り、かっちりした酸で、輪郭のはっきりした堂々たるシャンパーニュ。そうした作られ方に、男性も女性もないと思う。

時間が経っても腰が折れず、軽い肉料理なら渡り合える骨太さもあって、シャンパーニュ好きに飲んでもらいたい1本。同時にノン・ヴィンテージのFleur de Champagne Premier Cru Brutも飲んだ。そちらはバランスの取れた1本だったが(前にインターコンチネンタルホテルでの飲み比べの時にも飲んだ)、この1本は品種を絞ったミレジメだけに、際立った個性がある。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!