JOEのおうちゴハン 白桃のコンポート

簡単でしかもおいしいので、備忘録的に。コンポートは本来的には煮るけど、日本の白桃は果肉のデリケートなみずみずしさが肝なので、このコンポートは煮ない。

白桃のコンポート
白桃のコンポート

材料

  • 白桃 5、6個
  • 白ワインまたはスパークリングワイン 1本弱
  • レモン果汁 1個分
  • 砂糖 4分の3カップ(桃の状態や味の好みで加減する)
  • バニラペーストまたはエッセンス(さや入のバニラがあれば尚良い) 適宜
  • シナモンスティック 1本

準備

白桃の皮を剥く。漬けるので、清潔な環境で。剥けにくい場合、トマトの湯剥きの要領で、薄い十字の切れ込みを皮に入れておいて、熱湯に10秒ほどくぐらせて出すと剥ける。

調理

シロップを作る。ワインと砂糖を鍋に入れ、砂糖を煮溶かしつつ沸騰させてアルコールを飛ばす。(どの時点でアルコールが飛んだことになるのか分からない人もいるようなので→ 沸騰して出てくる泡がパチパチ弾けるような感じの時はアルコールがまだ含まれている。泡がプツプツ沸き立つ感じのになれば飛んだ目安。音も変わるので、聞いてみるといい)さや入りのバニラを使う時は、さやの内部の黒い粒を入れ、さやも入れて、火を止めて、レモン果汁を入れる。バニラペーストかエッセンスなら、火を止めて最後に。

アルコールが飛んだら、漬ける容器に桃を入れて、上記のシロップを満たし、桃が完全にシロップに隠れるようにして(ジップロック等だと液が少なくて済むが、シロップはドリンクになるので、ケチらなくてたっぷり作ってもOK)、冷蔵庫へ。

鍋等で漬けるなら落としラップをしてシロップが行き渡るようにする。
鍋等で漬けるなら落としラップをしてシロップが行き渡るようにする。

漬けて2日後位からが食べ頃。ミントの葉を添えて出す。

漬けたシロップは炭酸水で割ると素敵なサマードリンクに。お酒が飲めない人でも楽しめる。シャンパーニュで割ればベリーニ風カクテルに。

炭酸水で割ってサマードリンクに。
炭酸水で割ってサマードリンクに。
これはロゼシャンパーニュで割ったベリーニ風。
これはロゼシャンパーニュで割ったベリーニ風。