次の車、決まる。ジャガーXE

フェイスリフト版を横目で見ながら

そういえば、春先にジュネーヴショーで発表になったフェイスリフト版は、もう日本のウェブ上でも価格を含め出ている。ヘッドライドはLEDに、インテリアで詰めが甘いと言われていた箇所はアップデートされ、無論魅力的だが、デリバリーにはまだ時間がかかる。そして、気になった点が。現行型では標準装備の数々がオプションになっている。例えばメリディアンのオーディオ、ヘッドライトパワーウォッシュ、メモリー付き12ウェイ(現行は10ウェイ+4ウェイランバーサポート)パワーシートなど。見かけの開始価格を安くするためだろうが、それにはちょっとがっかりだ。

フェイスリフト版が出るにもかかわらず、現時点でこのモデルを選んだことは、タイミング的に納得のうえだ。車選びは常にこういうことがあるのは、織り込み済み。そんな事情もあり、ディーラーとしては上記フェイスリフト版が出る事情で売ってしまいたい、こちらは買いたい、と双方の思惑は一致しているので、値段的にも考慮してもらって即日決定。

納車を待つ

具体的な購入の話になり、見積書を見ると、しれっと載っけているなあという項目もあるが、まあその辺は。パートナーは本体価格と支払い総額はきっちり見ていたが、その辺細目は提示されればそういうものだからと、チマチマ値引きを要求することはない。グダグダ無理強いをして向こうに嫌な顔をされたら、車に乗るたびにそれを思い出して嫌な気持ちになる。そういう無理な買い物の仕方はしたくないのだ。

実車を見て、諸々手続きを勧めて、来月下旬の納車予定となった。手続きの間、あらためて車を眺める。うん、これでよいと思えた。

実車を見て納得。
実車を見て納得。

自分のもとにこいつが来るのを楽しみに待つとしよう。