DS4 fault表示連発

休日の午後、車で出かけようと思ったら、エンジンをかけた直後に警告音と共に警告表示が。それが連発で、まずエレクトリック・パーキング・ブレーキのfaultで、ブレーキが解除できない。オンにする時はスイッチを引き、解除はアクセルを踏み込むと自動解除になる機構なので、スイッチを操作しても無駄。そしてSystem Roll-backなるものもfault、続いてEPSもfaultと、fault表示が連続して出る。

ディーラーに連絡してみると、営業担当さんが言うには、電圧が低いとfault表示が連続して出てシステムが動かない時がある、と。営業さんの車を夜持ってきて、バッテリーを直結して試みることに。

営業さんがやってきて、確認のためにエンジンをかけると、とりあえず10数秒はfaultが出ないので、その間にすかさず発進して、駐車場から出庫。出庫してほどなく、またfault表示で、今度はブレーキがかからない状態なので、そのまま乗って行ってもらうことにして、代車は営業さんのプライベートカーをそのまま使ってよいとのことで、これに↓

ブランナクレ(白)のDS4。
ブランナクレ(白)のDS4。

まだシトロエンの名前とダブルシェブロンの残るフロントグリルで、ほぼうちの車と同じなのだが、これはうちのEGSと違って、トルコンの6AT。パドルシフトはなし。そしてパーキングブレーキはエレクトリックでなくハンド。といった細かな違いはあるものの、ほぼ操作は一緒。最初乗った時、EGSのセミATと異なり、クリーピングがあるのをすっかり忘れていて、少々戸惑った。

さて、うちの車が無事直るまで、これに乗って、せっかくだからトルコンATの滑らかさを体験することにしよう。

1 人の人がこの記事を気に入っています

カテゴリー: