JOEのおうちゴハン 蓮根の鶏挽き肉詰め蒸し しょうがあんかけ

久しぶりにレシピを掲載します。アメブロでのフラストレーションを払拭すべく、自分のサイト内での第一弾。

蓮根の鶏挽き肉詰め蒸し しょうがあんかけ
蓮根の鶏挽き肉詰め蒸し しょうがあんかけ

冬は根菜がおいしい季節。どうやら体を温める観点からも薦められるものらしく、しょうがも体を温める代表的な食材なので、試してもらいたい一品です。右上に添えてあるのは鶏団子。蓮根に詰めるだけでは余るので、団子にして添えました。

材料

  • 蓮根 太めの1節
  • 鶏挽き肉(胸でもももでもOK) 中 1パック
  • 卵白 1個分
  • しょうが 大きめ2片
  • 片栗粉 適宜
  • 塩こしょう

調理

蓮根は皮を剥き、2、3センチ位の厚さに切って4、5分水に晒しアクを抜きます。これを電子レンジにかけて、火を通しておきます。800wで4分ほど。蒸すだけでは時間がかかってしまい、長時間になると鶏肉の旨味が抜けてしまうので、こうして下準備しておきます。鶏肉を詰める前には冷まして粗熱を取ります。

鶏挽き肉を卵白、片栗粉大さじ1、しょうがの絞り汁少々(しょうがの絞り汁はあとであんに使いますので、取り分けてください)と合わせます。卵白と片栗粉は言うまでもなくつなぎです。よく混ぜてください。同時に塩こしょう少々で下味をつけましょう。

蓮根の穴にこの鶏挽き肉を詰める訳ですが、穴が小さかったりするとうまく詰めにくいのですね。穴「に」肉「を」詰めようとすると大変です。
ではどうするか。まな板やバットなど平らなところにスプーン山盛り1杯ほど挽き肉を置いて、そこにカットした蓮根を押し付けるようにしてムニュっと入れるとうまく行きます。1回では全量入らないと思いますが、それを2、3度繰り返して、あとは上の部分を均せばOK。

肉を詰めた蓮根の切り口部分には片栗粉を薄くまぶしてコーティングしましょう。蒸した時に肉の旨味が逃げません。

これを蒸し器、あるいはスチームオーブンで20分ほど蒸せばOK。

余った鶏挽き肉は、鶏がらスープを煮立てたもので茹でます。スプーンでまとめてスープに入れ、浮いてくれば火が通った証拠。簡単です! このスープは後で使いますから、取っておいてください。

しょうがあんを作ります。今回は簡単に。鶏挽き肉を茹でた鶏がらスープに酒少々、しょうゆ少々を入れて少し濃い目に調味し、すりおろしたしょうがの絞り汁を加えたら、あとは片栗粉でとろみをつければOK。ドロっとする位のしっかりしたとろみをつけておくのが、蓮根にかけた時に味のバランスがいいのでお勧めです。

おまけ

きんぴらも作りました!

蓮根のきんぴら
蓮根のきんぴら
1 人の人がこの記事を気に入っています