音楽レビュー Jennifer Hudson

(★★★★☆ 星4つ)
(★★★★☆ 星4つ)

I Remember Me (2011)


(★★★★☆ 星4つ)

Jennifer Hudsonは歌える人なのだが、どうも曲との巡りあわせが今までは良くなかった気がする。映画の中で”And I Am Telling You I’m Not Going”を歌っていたが、あれはオリジナルのJennifer Hollidayが強烈すぎてどうにも凌駕しようがなかったし、シングルも(個人的な印象では)ぱっとしなかった気がする。名前が売れている割には、どこか大物に一歩譲る感じだった。

が、この”I Remember Me”で一つ抜け出た感じがする。1曲目の”No One Gonna Love You”はデジタルピアノの打ち込み丸出しの音がぎょっとするほど良くなくて、「ダメかな」と出だしでは思わされるが、続く曲では少しミュージカル的音作りでアレだなと思うところはあるものの、Jennifer Hudsonが曲をリードして歌うにはいい音の作りをしていると思う。
ただ、「一生懸命感」が全面に出てしまっていて、そこがもっとこなれると、自分の歌になるとは思うが、いずれにしろ、Jennifer Hudsonのポテンシャルが感じられる1枚。それにしても家族の銃撃事件からよく立ち直ってくれたものだと思う。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!