音楽レビュー Elisabeth Withers

音楽レビュー Elisabeth Withers

No Regrets (2010)


(★★★★☆ 星4つ)

デビュー作”It Can Happen to Anyone”から4年を経てのニューアルバム。前に比べてルックスに随分迫力が出たなと思ったら、音も迫力が増している。”It Can Happen to Anyone”はBlue Noteレーベルからのリリースで、ジャズの色合いが濃かったが、これは現代的なR & Bのスタイルを取り入れている。
声も張り上げて押しまくる前半には、少し戸惑ったが、後半になると聴かせる音作りになっている。もともと喉が強い感じではあったので、ひょっとしたらデビューアルバムよりはこのアルバムの方が本来の彼女の持ち味を活かせているのかもしれない。聴き応えある一枚。

記事が気に入ったらWeb拍手を。ボタンかリンクをクリック!