レストランレビュー Ryuzu(フランス料理 港区六本木4丁目)

レストランレビュー Ryuzu(フランス料理 港区六本木4丁目)(★★★★☆ 星4つ)
レストランレビュー Ryuzu(フランス料理 港区六本木4丁目)(★★★★☆ 星4つ)

(★★★★☆ 星4つ)

Ryuzuは「腕時計にさりげなくしかし大切な役目を担う」(公式ウェブサイトより)リューズから名付けられたフレンチレストラン。シェフはタイユバン・ロブションをはじめとする数々の名レストランでの経験の後に独立した人。

今回は俺の誕生日ランチで訪れ、おまかせコースを味わった。

高級賃貸マンションの地下に位置する店舗は、外観はミニマルな感じ。入ると、過剰な装飾を抑えつつも素材の違いで変化を見せた店内は、シックで奥深く落ち着いた印象。

平日の昼間にも関わらず結構な人。会食の客も入っていた。通され、ややあって、飲み物を尋ねられてシャンパーニュをオーダー。シャンパーニュについてはこちらのレビューを参照

全般には、和の食材を積極的にというよりはむしろメインとして取り入れ、洗練した仕立てで素材の味を引き出す料理。特段奇をてらうこともなく、しかし手を抜かず、それぞれの素材が丁寧に扱われている印象。コース中のどの料理かだけが傑出しているというよりも、コース全体を通じて季節を感じ、食を楽しむといった印象。そういった奥ゆかしさは、フレンチレストランではなかなか見かけない。そこにも食材とともに、和を感じられた。しかし、かなり和に寄っていても、きちんとフレンチなのだ。和とフレンチのギリギリのところを狙っているのが上手い。

ソムリエはマナー完璧。シャンパーニュはフルートでなく、やや広口のグラスで供されたので、香りを楽しむことができたし、細かく温度を調節してくれたのがさすが。この店ではシャンパーニュが多く出るようで、リストにもトップキュヴェが多く載っていて、実際ランチでも数本がクーラーに入っていた。

フロアスタッフは、やや堅い印象。レセプショニストがカチコチでえらく緊張していたのは、新しい人なのか、何か注意でも受けたのか、といった感じ。入口での人がスムーズでないと、通される時に不安がよぎる。
他のスタッフも、やや笑顔が遅れ、ぎこちない。メニューの説明は一生懸命覚えてきた感じ。ハーフオープンのキッチンで、シェフの目は客席にも届き、失敗が許されない厳しい職場であるのは分かるが、そこで自分の仕事を自分ならどうするか、というところまでもう少し踏み込んでやると、こなれてきて、もっといいと思った。できれば緊張せずに仕事を楽しんでほしい。

そう注文をつけるのは、逆に言うと、そこまで要求してもよい高いレベルのレストランだけにそこだけが惜しいということ。失敗なくこなす点ではよく経験を積んだ人達であろうし、テーブル数に対してスタッフが多いので、充分に目も行き届く。そこは高級レストランならではの贅沢。
あとは、失敗がない、丁寧、といった他に、食に興味を持っているお客にフロアスタッフが喜びをプラスするという心構えががあるかどうか。カウンター席があり、そこに来るのを楽しみにしていたという客は、キッチンスタッフと会話をし、コミュニケーションも楽しんでいたようだった。(2016/11/19 記)

1 人の人がこの記事を気に入っています