シャンパーニュレビュー Gaston Chiquet Grand Cru Blanc de Blancs d’Ay Brut

エチケット。BLANC DE BLANCS D'AYと全大文字で書かれ、そこを強調したいのが判る。
エチケット。BLANC DE BLANCS D'AYと全大文字で書かれ、そこを強調したいのが判る。

ひと月ほど前にトップキュヴェのSpecial Clubを飲んで好印象だったGaston Chiquetだが、ブラン・ド・ブラン(白ぶどうだけで醸されるシャンパーニュ)はどうかと、飲んでみた。

シャンパーニュレビュー Gaston Chiquet Grand Cru Blanc de Blancs d’Ay Brut
シャンパーニュレビュー Gaston Chiquet
Grand Cru Blanc de Blancs d’Ay Brut

Gaston Chiquet Grand Cru Blanc de Blancs d’Ay Brut(ガストン・シケ グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン・ダイ ブリュット)は、名前のとおりグラン・クリュのアイ村で作られたブラン・ド・ブランのシャンパーニュ。ピノ・ノワールで有名なグラン・クリュ(特級)のアイ村でシャルドネのみを用いたシャンパーニュというとAmour de Deutzを連想する。

酸をまろやかにするマロラクティック発酵を施し、50ヶ月熟成。単一年で作られ、本来はミレジメとして扱われるべきものだが、作年よりもアイ村でのテロワール(土壌)をアピールしたく、敢えてミレジメを名乗っていないとか。

エチケット。BLANC DE BLANCS D'AYと全大文字で書かれ、そこを強調したいのが判る。
エチケット。BLANC DE BLANCS D’AYと全大文字で書かれ、そこを強調したいのが判る。

グラスに注ぐと厚い泡の層ができるが、ほどなく落ち着く。口に含んだ泡は広がりが豊か。

色は少し緑のニュアンスのある黄色で、ブラン・ド・ブランらしい色合い。
色は少し緑のニュアンスのある黄色で、ブラン・ド・ブランらしい色合い。

レモンゼストや白桃のピュレ、アカシア、レンゲはちみつの香りがし、爽やかな要素はあるが、香味は幅広く、豊潤。白ぶどうだけから造られているからといって、そのイメージでブラン・ド・ブランは軽やかなはずと思うのは、イメージに引きずられすぎだ。良いシャンパーニュを飲みつけている人なら知っていると思うが、力強かったり、奥深かったりするブラン・ド・ブランはいくらでもある。このGaston Chiquet Blanc de Blancs d’Ay Brutも、豊かな香りと味わいがあり、特に旨味は舌を覆ってずっと楽しませてくれる。

ミュズレは白地に金で軽やか。しかし味わいは豊か。
ミュズレは白地に金で軽やか。しかし味わいは豊か。

実は、ボトル半分も飲めば大満足の俺だが、少し飲み残していたのに、このレビューを書いていて、思い起こすにそのおいしさをまた味わいたくて、またグラスに注いで飲みながらこれを書いた。それくらい、旨い。価格からは信じられないほどだ。そしてこの旨さは、アイ村のピノ・ノワールのそれにも通じる、アイ村の味わいなのだなと知る。そしてそれこそがGaston Chiquetの表現したかったものであり、ちゃんとそれを実現できているGaston Chiquetの素晴らしさを知った。Special Clubとこれを飲んで、Gaston Chiquetは自分のお気に入りのメゾンの一つになった。

1 人の人がこの記事を気に入っています