在宅勤務が始まった

個人作業用と共有データをクラウドに保存して作業する。
個人作業用と共有データをクラウドに保存して作業する。

俺の仕事はウェブ管理およびそれにまつわる周辺事が中心。ほとんどがオンラインで事足りる。無論、職場にいた方が他スタッフとコミュニケートしやすいことは間違いないのだが、その分、職場にいると、付随する他の事に時間を取られたりすることもある。

そこで、能率化・専従化を推めることを名目に、週2回在宅勤務をしてみることになった。やれることをやれればそれでよいというフレキシブルな考え方の職場であることの恩恵に預かっての在宅勤務開始。それに、俺がうちのことを色々やっているのを理解してもらっていて、パートナーとの生活をより円滑にすることに資するのでは、というありがたい判断もあった。

準備・作業環境

作業環境だが、ネット環境と各種ソフトウェアがあれば仕事はできる。が、当然職場PCで色々構築した環境の移植があって、それはちと面倒だった。しかし、何とか準備は開始初日前日までに完了。クラウドを利用してシームレスな作業環境と他スタッフの連携を実現、などという、胡散臭いICTソリューションのCMのようなことも一部やり。

作業にあたってはOneDriveを採用。
作業にあたってはOneDriveを採用。
個人作業用と共有データをクラウドに保存して作業する。
個人作業用と共有データをクラウドに保存して作業する。

ダウンロードスピードなどを考えるとGoogle Driveの方が優秀だが、OneDriveを採用したのは、ファイル所有権が明確に自分にあるから。OneDriveを自宅PCと職場PCに導入し、常に同期させて、行き来した場合にも支障がないようにした。

職場スタッフとのコミュニケーションはSkypeで。必要とあらば、ビデオチャットもできる訳だし、ファイルのやり取りも容易。OneDriveと同じアカウントでSkypeを運用できるので連携も楽。

いざ実践

そんな準備を経て、4/1がその在宅勤務初日だったわけだが、ちょっとしたPC環境トラブルで時間を食われたところはあったものの、つつがなく終了。しかし、在宅勤務だからといって、サボれる訳ではもちろんなく、結局職場にいるのと同じ時間PCに向かっていたのだった。

それでも、服装は自由な訳だし、好みの音楽をかけながらできるしで、そのあたりは快適。服装自由とはいっても、ビデオチャットでやり取りしなければならないことに備えて、寝間着のままではないし、髭も剃ってはおいた。(笑)結局、今回ビデオチャットの機会はなかったが。

犬達との時間

在宅勤務で個人的に何より利点を感じるのは、犬達との時間が増えること。もともと、もし可能であれば職場に犬達を連れて行きたいとさえ思っていたくらいなので、これはありがたい。

犬達が普段いるのはLDK。書斎にあるノートPCをLDKに持って行って作業しようかとも思ったが、PCに色々接続しているのを外して持って行くのは面倒なので、書斎のドアとLDKのドアを開けて仕事をすることにした。書斎とLDKは玄関を介してL字型の配置。玄関も空調することになるが、まあ大したことではない。

で、仕事を始めてどうだったかというと、時折プットニョスが書斎に来る以外、犬達は基本LDKにいて大人しくしていた。特にノアノアはLDKに置いたクレートでほとんどを過ごしていて、書斎に来ることはなく、昼ご飯を食べにLDKに行ったり、お茶を入れに行ったりした時以外はほとんど動きがなかった。

俺の足元に来たプットニョス。時々こうして来るが、しばらくするとまたLDKに戻っていった。
俺の足元に来たプットニョス。時々こうして来るが、しばらくするとまたLDKに戻っていった。
それでも昼休みにはこうして犬達と触れ合うことができる。
それでも昼休みにはこうして犬達と触れ合うことができる。

仕事とはそんなに甘くないもので、家にいようが職場にいようが、真剣度やら手間の量やらは変わらない訳だが、それでも犬達のいる空間と繋がった所にいられるというのはいいものだ。

そんな訳で在宅勤務がスタートしたのだが、不思議なことに、日中仕事時にはプットニョスだけが書斎に来てノアノアは来なかったのに、今こうして深夜にブログを書いていると、ノアノアがこちらに来たがって、ずっといるので、犬用ベッドを傍らに置いてこれを書いている。

これはノアノア。
これはノアノア。

ああ、結局仕事環境のことを書いていたのが、つい犬達のことになってしまった。(笑)

8 人の人がこの記事を気に入っています