ホームジムマルチマシンを導入

じょにおの持っていたダンベルもこの部屋に配置した。

連日の新型コロナウィルス感染症に関する話題は、みんなうんざりしているだろうが、俺ももちろんうんざりしている。もちろん影響を受けないはずがなく、仕事は在宅が多くなり、何をするにもそのことを考えない時はない、というくらいにな…

取り戻す日々

虹模様。レインボーフラッグとは上下が違う。

再手術を受けたことを記した日記から、ずいぶん経ってしまった。結論から言うと、経過は順調。 もちろん、元通りにいかないこともある。 今一番気がかりなのは、腰。もう20年近く前、ワークアウトで負荷をかけすぎ、腰椎すべり症と診…

癌の記録 自宅療養、再診、再手術

(手術については前の日記参照) 退院して約2週間強、自宅療養をした。現在進行形の点もあるが、その間感じたことをつらつらと。 扁桃腺の切除と食事 まず向かい合わねばならなかったのは、喉の痛み。左の扁桃腺を切除して、そこはも…

癌の記録 入院・手術

※以下、自己の記録として。一部、生理的描写について敏感な人にはふさわしくない表現があるので、読む場合には注意。 入院までの経過 これを記す前に、まず安心材料から。前に「ある徴候」として書いた脇の下のリンパ節に違和感があっ…

パートナーシップ公正証書を作成

経緯 パートナーシップについて公正証書を作成しておこうという話は、もう何年も前から俺とパートナーじょにおの間では出ていた。が、何だかんだ面倒というイメージで、日々は流れていき、漫然と放置。パートナーシップ10年も超したこ…

癌の記録 ある徴候

これを記す前に、本当はパートナーじょにおとの間で作成し、認証を控えているパートナーシップに関する公正証書についてのことをまとめて書いておくべきかもしれないが、それは認証を終えてからまとめて書くことにして。 10月初旬の手…

癌の記録 手術に備える

術前のオリエンテーション等のために、3度目の通院をした。国立がん研究センター中央病院は、地下鉄大江戸線の築地市場駅すぐ。かつて市場のあったA1出口の通り向かいなのだが、国立の大きな施設なのに、何故直通の地下通路を作らなか…